ニキビ跡ケア 口コミ

ニキビ改善のための洗顔方法

ニキビ跡ケア 口コミ

私は中学生のときにニキビができ始めました。ニキビが気になって触ったりしたものですが、親から悪化するから触るのはやめたほうがいいと言われたので触るのをやめ、正しいニキビケアに取り組むことにしたのです。

 

まず始めに行ったのは洗顔方法を変えることでした。ニキビケアを行うための洗顔方法は、洗顔料を泡立てて、できた泡で肌の表面を撫でるように洗うことです。私はニキビができる前は泡など立てずゴシゴシと洗っていたのですが、その方法は肌を傷つける可能性があるということを知り、肌が荒れだした原因は洗顔だったのかもしれないと思いました。

 

洗顔方法を変えだしてから、ニキビもだんだんとマシになっていきました。ただ最初にニキビを潰したりしたので、ちょっとだけニキビ痕が残っています。

 

丁寧な洗顔でニキビ予防

 

思春期の頃にニキビでとても悩んでいましたが、大人になってまでニキビの悩まされることがあるなんて、当時は考えてもみませんでした。ニキビができやすいタイプなのかな?と思ったのですが、体質だけでなく、ストレスや食生活などいろいろと要因はあるようですね。

 

少しでもニキビを防ぐために、食事や睡眠不足に気を付けることはもちろんですが、一番大事にしたいのは毎日行う「洗顔」です。昔はゴシゴシ洗うのが爽快感があるし正しい方法だと思っていました。しかし、その洗顔方法では毛穴の汚れは落とせないのだそうです。

 

たっぷりの泡を使い(洗顔ネットなどを使うと良いですね。)中指などで小鳥を撫でるように優しく洗う。この方法が一番毛穴の汚れを落とすのに有効なんだそうです。毛穴が詰まってしまうとニキビができやすくなるので、気を付けたいポイントですね。

 

大人ニキビの原因に一つはストレス

 

大人ニキビの原因の一つにストレスが考えられます。ストレスから男性ホルモンがたくさん分泌され、それを分解しようとしてお肌が頑張ることにより沢山の皮脂を分泌してしまい、ニキビになってしまうのです。

 

ストレス解消の一番の方法はお風呂にゆっくりつかる事が良いと言われています。お風呂にゆっくりつかることにより毛穴が開き、毛穴の汚れも落としやすくなり、お風呂につかることは両方の面からニキビケアに効果があるのです。

 

ストレスは大人になるとつきものですが、ストレスによってできたニキビは治りにくいので、入浴以外にも自分なりのストレス解消法を見つけ、身体をリラックスさせることを心がける事により、大人ニキビを解消することが出来ます。

 

ニキビ予防に洗顔後の化粧水

 

10代の時に、ニキビに悩まされていました。
市販の薬を塗っては、毎日どうすれば治るのかを模索していました。

 

ニキビの予防は、基本的には顔を清潔にするということです。
私の場合は、ニキビに効くと思ってオロナインを塗って見ましたが、効果はなかったように感じます。
他に試したものは、ビフナイトという薬ですが、この薬の裏に書いてある説明を読んでいると、なぜかニキビは簡単に治るもののように感じましたね。
結果は、これもダメだったということです。

 

ニキビは清潔さを保っていれば、それなりにキレイに治ってくれると思います。
水に近い成分の化粧水を活用して、洗顔後のうるおいを逃がさないようにしましょう。

 

年齢もありますし、ニキビには触らないというのが、基本的な対処方でしょう。
早く治るといいですね。

 

ダメかも42